心臓病はどんな病気?知ってるようで知らない心臓病の知識。

心臓病の基礎知識!!

心臓病って危ないのは分かっているけれど実際どんな病気なの?というわけで心臓病の基礎知識をご紹介します。心臓病とは心臓疾患の総称のことで心臓弁膜症、心筋梗塞や心筋炎、心不全、狭心症などがあります。人が死亡する病気第二位となっている恐ろしい病気です。遺伝やなりやすい方は人それぞれのようですが、ほとんどが生活習慣を改善することでかなりの確率で防ぐことができます。まずは自分の生活から見直してみるといいと思います。

心筋梗塞について知る

心筋梗塞は冠動脈にコレステロールや血栓が詰まることによって起こる病気です。主な症状は胸部の痛みで息切れや疲労感を感じることも多くなります。とても怖い病気ですが日常生活を気を付ければ予防することも可能なんです!心筋梗塞は動脈硬化や狭搾が原因となっているので適度な運動や食事のバランスが大切です。主にコレステロールを控えめにすることがよさそうです。適度な運動は体の中の悪玉コレステロールを善玉コレステロールに代える効果が期待できるのです!

心臓病対策メニュー!

心臓病は肥満を防ぎ、適正体重にすることが必要です。主食は白米ではなく玄米、雑穀米にしましょう。また塩分を控え目にしてタンパク質は植物製品からとるようにしましょう。油の少ないお肉を選ぶこともポイントです。食べる順番も野菜、汁物、メイン(タンパク質)、ごはんの順番に食べるようにしましょう。血糖値を急激にあげてしまうと脂肪が付きやすくなり、徐々に血糖値を上げることによって痩せやすい体になっていくので毎日続けていきましょう。

僧帽弁閉鎖不全症の可能性がある時は、設備が充実している総合病院で本格的に治療を受ける方法がおすすめです。